林誠一容疑者の顔画像はこちら!生活保護不正受給の動機がくだらない。

林誠一容疑者が生活保護を不正受給していることが発覚し、逮捕されました。

動機の内容がくだらなく、5年間以上も不正受給していたとのことです。

詳しく見ていきたいと思います。

事件の概要

収入を実際よりも少なく申告し、5年以上にわたって生活保護費を不正に受けとっていたとして、62歳のアルバイトの男が警視庁に逮捕されました。

逮捕されたのは、アルバイトの林誠一容疑者(62)で、2012年4月から去年6月までの間、東京・羽村市に収入を実際よりも少なく申告し、5年以上にわたって生活保護費およそ530万円を不正に受け取った疑いがもたれています。林容疑者は自らが偽造した収入証明書を提出していて、不審に思った市の担当者が確認したところ、不正受給を認めたということです。

取り調べに対し、容疑を認め、「たばこや食料を買う生活費を増やしたかった」と供述しているということです。

出典;JNN

スポンサーリンク





林誠一容疑者の顔画像やFacebookは?その他プロフィールは?

林誠一容疑者の顔画像はこちらになります。

出典;JNN

Facebookアカウントの調査をしていきましたがこれといって本人といえるようなアカウント特定することはできませんでした。

なお、検索結果はこちらになります。

その他のプロフィールは以下になります。

年齢:62歳

職業:アルバイト

住所:東京・羽村市

羽村市の生活保護制度

羽村市の生活保護制度は以下のような受給があるみたいです。

生活保護による援助を「扶助」といい、次のような8つ扶助があります。国が定めた基準により世帯の生活に必要に応じて受けることができます。

1. 生活扶助 食費・衣服費・光熱水費等、日常生活に必要な費用

2. 教育扶助 学用品・給食費等、義務教育に伴って必要な費用

3. 住宅扶助 家賃・地代・住宅補修費等、住居に係る費用

4. 医療機関 病気・ケガの治療のために医者に係る費用

5. 介護扶助 介護サービスを受けるために必要な費用

6. 出産扶助  出産に必要な費用

7. 生業扶助 就労するために必要な費用

8. 葬祭扶助  葬祭に必要な費用

出典;羽村市

今回は1該当したものとして受給を受けていたということでしょう。

スポンサーリンク



林誠一容疑者の不正受給の動機は?

林誠一容疑者が不正受給しようとした動機はたばこや食料を買うためということで、自分勝手な事ですね。

つまり、本来のアルバイト収入で賄えるにもかかわらず生活受給で行っていたということはアルバイトの収入は他の事に使用していたということでしょう。

そうなると、本当に苦しい人よりも楽して過ごしていたということになりますね。

税金は本来は皆が幸せに暮らせるためにあるのにこのような事件は本当に遺憾ですね。

今回の事件が摘発して本当に良かったです。

ネットの反応は?

生活保護不正受給者はどんどん摘発して欲しいね。
マイナンバーと紐づけもやって欲しい。

そういえば何年か前にテレビで生活保護もらっている人がパチンコに行く議論をしてて、テリー伊藤とかこぞってコメンテーターが楽しみが無くなっちゃうから良いみたいな肯定をしていたのに凄い違和感を感じたな。パチンコ業界に忖度してんのかな。

氷山の一角

こういった不正発覚にはマイナンバーは効果覿面。マイナンバーの提出を頑なに拒む人が居るんだけど、たぶん何かしら問題抱えてるのを自覚してるんだろうなー、と思ってしまう。

出典;Yahooニュース

まとめ

いかかでしたか?不正受給による行いは今回だけではなくたくさんあることでしょう。

今回の事件をきっかけに国・地方公共団体ももっとしっかり調査を行うということを心がけて欲しいですね。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする