小西優香さんのSNSで住まいや事件前の内容が明らかに!犯人が特定する内容も?

最近遺体遺棄事件が多発する中、小西優香(20)さんが遺体で発見する事件が起きました。

詳しい情報を見ていきましょう。

スポンサーリンク



事件の概要

兵庫県加古川市のダム湖で、衣装ケースに入れられた女性の遺体が見つかった事件で、遺体は、大阪市に住む20歳の女性と特定された。

11日、加古川市にある権現ダムで、透明の衣装ケースに入った女性の遺体が見つかった。着衣に乱れはなく、目立った外傷はなかった。警察がDNA鑑定などをすすめた結果、大阪市淀川区に住む、小西優香さん(20)と特定された。

司法解剖の結果、小西さんが死亡したのは、遺体が見つかる前日の、10日の午後とみられるが、死因は特定されていない。

衣装ケースには、ロープで土のうが2つくくり付けられていたということで、警察は、何者かが、小西さんが死亡した後、時間を置かずに遺棄した可能性があるとみて、交友関係などを調べている。

出典;NNN

なぜ、女性がショーケースの中で亡くなっていたのでしょうか?

不思議な点がたくさんですが、死亡する前被害女性はどこで何をしていたのでしょうか?

また、どのような交友関係をもち、どのような仕事をしていたのか?

気になりますね。

また、SNSでアカウント特定による話題もでていますので、詳しみていきましょう。

小西優香さんのプロフィール

名前:小西優香

年齢:20歳

実家:三重

職業:接客業(キャバクラ?)

住所:〒532-0023 大阪府大阪市淀川区十三東1丁目14−8(確定ではないが可能性高い)

ストリートビューはこちらになります。

 小西優香の住所確定?の根拠

SNS(Twitter)による投稿で次のものを見つけました。


こちらの投稿を照らしあわせると、確かに同じものでかつ、住まいも一致するため、こちらに住んでいる可能性が高いですね。

スポンサーリンク



亡くなる前のSNSのやりとりが明らかに?

インターネットの会員制交流サイト(SNS)などでも日頃からやりとりしていた。「大阪で知り合いがたくさんできて楽しそうだった」と振り返るが、7月末の電話では「仕事に疲れた」「三重に帰りたい」と話していたという。

女性は小まめにSNSを更新。水上バイクの免許があり、最近も「誰か一緒に乗りに行きませんか」などと投稿していたが、亡くなる前日とみられる9日未明で書き込みが途絶えた。最後となった投稿には「悔しいのとか色んな気持ちがあふれてきて泣きたい気分や」と記されていた。

出典;神戸新聞NEXT

大阪での生活が嫌になっていたことがうかがえますね。

生活が苦しかったのか?

それとも他に理由があるのでしょうか?

しかし、このコメントを理由に誰かと密会し、そして・・・

という可能でもあります。

スポンサーリンク



ストーカー被害にあっていた?

SNS(Twitter)によるコメントで次のものを見つけました。


ガン見された後につけられてからのぴったりとくっついてくる・・・

ゾッとしますね。

ストーカー被害にもあっていたのでしょうか?

職業関係によるものであるかもしれません。

詳しい情報は分かり次第追記していきますね。

遺体発見場所は?

遺体発見場所は兵庫県加古川市のダム湖となります。

大きなダムですよね。

しかし、遺体をここまで運びショーケースに入れ流したとなるとこれは1人の犯行なのか?

色々とわからないことが多いですね。

スポンサーリンク



ネットの反応

ネットの反応でおもしろいものを見つけました。

みてのとおり何人もの人が犯人を知っています。というコメントがあるのです。

本当に知っているのか?それとも遊び半分なのか?

1人の尊い女性の命が奪われたというのにこれが遊び半分ならば大変失礼なことです。

本当に知っているのならば是非1日も早い事件解決のために情報提供すべきです!!

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする