EXILEの所属事務所3億円の申告漏れ?原因は?

EXILE所属事務所が3億円の申告漏れの指摘されていたことが分かった。

修正申告は既に行っているということだが、追尾課税は6000万円になる。

原因はなんだったのでしょう?

出典;ANN

スポンサーリンク



事件の概要

人気ダンスボーカルグループ「EXILE」が所属する芸能事務所が、東京国税局から飲食費の一部が経費に当たらないなどとして、およそ3億円の申告漏れを指摘されたことがわかりました。

申告漏れを指摘されたのは、「EXILE」などが所属する東京 目黒区の「LDH JAPAN」です。

会社側や関係者によりますと、去年3月期までの4年間にツアーの打ち上げで取引先などと会食した接待飲食費のうち、本来は経費としては認められない上限額を超えた部分についても経費に計上して利益を少なく申告していたということです。

また、海外にある関連会社への業務委託費用の計上時期の誤りなど、経理ミスも含めて、東京国税局からおよそ3億円の申告漏れを指摘されたということです。

会社はこれまでに修正申告を行い、追徴課税された過少申告加算税を含む法人税6000万円余りを納付したということです。

「LDH JAPAN」の前身である「LDH」は、平成21年3月期までの2年間に東京国税局から所得隠しを指摘されたこともあり、会社は「国税当局との見解の相違がありましたが、指摘に従い、すべての対応を完了しています。所得隠しのような意図的な行為は一切なく、今後はより慎重に法務、税務を確認し、業務遂行していくようスタッフ一同改めて気を引き締めて取り組んで参ります」とコメントしています。

出典;NHKニュース

経費の過大計上による過少申告だそうです。

つまり本来払うべき法人税額よりも少なく申告して、法人税を国に納めていたと言うことになります。

故意ならば脱税として刑罰となりますが、今回は見解の相違ということで、故意ではなさそうですね。

EXILEといえば若い人を中心に人気があるグループ。

ファンの方は少しビックリされたのではないでしょうか?

スポンサーリンク



原因は?

原因の1つに飲食費の経費過大計上があります。

これは、どの様な計算になっているのでしょうか?

まず、接待飲食費は交際接待費として会社の経費になります。

ただし、法律は冗費の節約の観点からこの交際費について次のような縛りがあるのです。

1 接待飲食費の50%しか経費としか認めない。

つまり、1000万円接待飲食費としてお金を使ったとしてもその半分の500万円しか経費を認めませんよ。

という意味です。

これが原則の考え方になります。

しかし、原則と申したとおり実は交際費には特例という別の考え方があります。

2 法人の資本金が1億円以下の場合は交際費の800万円超える部分は経費として認めない。

つまり、1000万円の接待飲食費としてお金を使ったら800万円を超える200万円部分は経費として認めませんよ。

という意味です。

資本金とは・・・までいくと専門的な話になるので割愛。

つまり、全額は認めない!というのが、税金の考えなんですね。

これを、LDH見落としていたということになります。

ネットの声

ところでレコ大賞の1憶は経費で落とせるの?

意図的だろ、これは。Love Dream Happinessとか綺麗事言うなら不倫やらの黒い部分はしっかり隠し通せよって思うし、こういう犯罪になりかねない事は防げよって思う。
企業が知りませんでした、意見の相違ですは話にならない。

ダメだこりゃ。

出典;Yahooニュース

今回の事件に少しがっかりしている人も居るみたいですね。

今後このような事が起きない事を願いますね。

LDHのさらなる発展を期待しています!!

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする