高校生がレシートを現金化するアプリを発明!?その内容とは?

買い物時にもらえるレシート。

皆さんは捨てていますか?それとも家計簿のために保管していますか?

実は、このレシートが現金化することができるアプリの提供が始まることが明らかにされました。しかも発明したのは高校生!びっくりだらけですね。

スポンサーリンク



内容

現役高校生プログラマーの率いるワンファイナンシャルは6月12日、お財布に溜まっているレシートを瞬時に現金化できるアプリ「ONE(ワン)」の提供を始めることを明らかにした。スマートフォンのカメラ機能を使ってレシートを撮影すれば、すぐにアプリ内のウォレットに10円が振り込まれるという。振り込まれた現金は銀行の手数料分以上になれば、国内のほぼ全ての金融機関で好きなタイミングで引き出すことができる。

ワンファイナンシャルCEOで高校3年生の山内奏人さんは「レシートには究極のいろんなデータが含まれている。いつ、どこで、誰が何をいくら払って、いくらお釣りをもらって買ったのか。一人ひとりの購買行動やパターン分析ができるようになる」と話す。蓄積データをメーカーなど企業向けに販売していく狙いがある。

山内さんは小学生の時に独学でプログラミングを始め、国際的なプログラミングコンテストやビジネスコンテストで数々の受賞経験を持つ。中学生時代から5つのベンチャーに参画し、15歳でワンファイナンシャルの前身となるフィンテックの会社を設立。2017年秋には投資ファンドから1億円を調達し、注目を集めた。

出典;BUSINESS INSIDER JAPAN

1枚10円ということで、少ないように見えますが、チリも積もれば山となります。これは流行しそうですね。僕もしようかな!!(笑)

しかも高校生である山内奏人さんは小学生の時からプログラミングを始め、数々の受賞経験をもっているとのこと。いやぁ~すごい人が世の中にはいるんですね・・・

しかも、独学というのが大変素晴らしいですよね。

いわゆる神童だったのでしょう。

15才で会社も設立し、資金を1億円を調達しているのですから行動力も素晴らしいですね。

とても、子どもの発想ではありませんね・・・

スポンサーリンク



山内奏人さんの顔画像は?

そんな若くて頭のとてもいい山本さんの顔画像はあるのでしょうか?

有名なのでたくさんありました!

本人のTwitterから拝借・・・

かっこいいっすね。

顔良し、頭よし!これはこの先がもっと楽しみになってきました。

またそのほかの情報は下記の通りです。

生年月日:2000年(平成12年)生まれ

干支:辰年

家系図:次男

出身中学:東京学芸大学附属国際中学校

高校:東京学芸大学附属高校

職業:プログラマー

兄弟:兄がいるみたい

尊敬する人:孫正義

孫さんにあこがれて追い越せ追い抜けの執念で頑張ってきたのでしょう。

まとめ

若い子が頑張っているのをみると僕たちも頑張らないといけないなという気持ちになりますよね。とはいえ、何気ないレシートがお金になる時代がきたんですね。

すごいですねぇ・・・

最後に、先ほども紹介されたアプリについては、現金化できるレシートは無限ではなく、1日に10枚が限度らしいです。

なので1月に約300枚(310枚)!

300枚×10円=3000円(3100円)ですね。

ちょっとしたお小遣い稼ぎ、特に学生さんにはありがたいのかもしれませんね。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする