土谷章悟さんの死因は本当に溺死か?福岡県新宮町の海水イベントで溺死事件!

福岡県新宮町で海水浴場のイベントで土谷章悟さんが溺れていりところが発見され、病院に運ばれましたが、死亡しました。

スポンサーリンク



事件の概要

22日午前、福岡県新宮町で海水浴場のイベントに運営スタッフとして参加していた39歳の男性が海に浮かんでいるのが見つかり、その後、死亡が確認されました。警察は、溺れた可能性が高いとみて調べています。

22日午前10時すぎ、福岡県新宮町の海水浴場の関係者から「海に浮かんでいた男性を浜に引き上げたが意識がない」と消防に通報がありました。

救急隊が駆けつけたところ、新宮町の非常勤特別職員の土谷章悟さん(39)が心肺停止の状態で倒れていて、病院に運ばれましたが、その後、死亡が確認されました。

警察によりますと、土谷さんは新宮町の海水浴場で開かれていた親子でシュノーケルを体験するイベントに運営スタッフとして参加していたということです。

土谷さんは、ほかのスタッフに「忘れ物を取りに行く」と告げて海から砂浜に向かったあと行方がわからなくなり、捜していたライフセーバーが近くの波消しブロックのそばで、海に浮かんでいるのを見つけたということです。

警察は、何らかの原因で溺れた可能性が高いとみて、事故の詳しい状況を調べています。

出典;NHKニュース

来場客ではなく、イベントスタッフとして参加していた人が今回の事件の当事者となります。

今回のイベントはシュノーケル体験のイベントスタッフということはある程度海に慣れている人がスタッフとなると思うので、簡単に溺れるということは考えにくいですよね。

そうなると、単純な溺死事故とは考えにくい部分はあるのではないでしょうか?

わかりませんが・・・

『水中スノーケル体験&ビーチクリーンアップ』”ひろい”海の活動

今回の事故があったイベントはこれになると思われます。

場所はこちらです。

イベント情報関係はこちらになります。

■参加費 無料
■対象  新宮町の小学校に通う小学3年生~6年生とその保護者
■定員  7/21・28 各40名(先着順)
     7/22 15組(1組あたり大人1名、こども2名まで)(先着順)
■持ち物 水着、タオル、飲み物、サンダル ※着替える場所がないので、事前に服の下に着てくることをオススメします。
■その他 小雨決行
■集合場所 新宮海水浴場(8:45より受付開始) ※駐車場あり

出典;新宮navi

親子同伴の親子で参加するものであるため、こちらの可能性が高いですね。

スポンサーリンク



土谷章悟さんの顔画像やFacebookのアカウントは?

顔画像やFacebookは特定には至りませんでした。

こちらは分かり次第皆さんにお伝えしていこうと思います。

土谷章悟さんは地域おこし協力隊員だった?

とある記事を見つけました。

こちらをご覧ください。

たくさんの猫がいる新宮町・相島の旧渡船待合所に、観光案内所がオープンした。猫をデザインしたポストカードやトートバッグ、焼き物なども販売。運営する一般社団法人「新宮町おもてなし協会」は、「いろんなアイデアと展示内容を考え、島を元気にしたい」と張り切っている。

 人口減少が続く相島の住民は現在約270人で、うち100人超が70歳以上のお年寄りという。多数あった民宿は後継者が見つからず、次々に閉まった。一方、島の猫たちがテレビや雑誌で紹介され、大勢の観光客が訪れるようになった。今年の大型連休は、町営渡船に乗れない人が続出し、臨時便が出るほどだった。

 旧待合所は5年前、隣接地に新しい施設ができて閉鎖されていた。町は「猫ブーム」を生かそうと大型連休に合わせて再開し、「猫グッズ」を紹介したり、島の観光マップを配ったりしている。

 大型連休後は土日・祝日だけ開けていたが、地域おこし協力隊員として、町に6月に採用された土谷章悟さん(37)が島で暮らしながら活動することに。島で唯一の食堂や物産販売所が休む火曜にも、案内所に観光客を迎えるようになった。

 扱うグッズも、相島の猫を撮影したポストカード、町内の陶芸家による置物のほか、韓国で活躍する著名な作家の絵画、缶バッジなど数が増えている。

 土谷さんは島の若手漁師らと漁場保護の活動なども行っている。「観光振興だけでなく、島の活性化につながることに積極的に取り組みたい」と話している。

出典;YOMIURI ONLINE

年齢は37歳ですが、この記事は2年前の記事ですので、時期的にはかぶります。

本人の可能性は高いですね。

まとめ

地域に貢献されている方が今回このような事件により命を落とされるのはものすごく残念です。ただ、本当に事故なのか?とは思いますのけどね・・・

ご冥福をお祈りします。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする