成田順容疑者の顔画像やSNS!警察官の麻薬の所持理由は暴力団との関係が?

成田順容疑者は薬物銃器対策課の巡査部長を務める警察官が、麻薬(覚醒剤)を所持容疑で逮捕されました。

なぜ、麻薬を正す人がこのような事件を起こしたのか?

詳しく見ていきたいと思います。

スポンサーリンク



事件の概要

覚せい剤を所持したとして、北海道警は10日、覚せい剤取締法違反容疑で札幌中央署薬物銃器対策課の巡査部長、成田順容疑者(46)=札幌市北区南あいの里=を逮捕した。

「間違いない」と容疑を認めているという。道警は入手経路や動機を調べる。

逮捕容疑は10日午後7時55分ごろ、札幌市東区北6条東の路上で覚せい剤を所持した疑い。

道警監察官室によると、別事件の捜査の過程で成田容疑者の覚せい剤所持の疑いが浮上し、内偵捜査していた。勤務を終えた同容疑者が1人で路上にいるところに、捜査員が声を掛け発覚した。

成田容疑者は2008年4月から薬物事件を担当してきた。

尾辻英一・道警監察官室長の話 不正を正すべき立場にある警察官による言語道断の行為で、痛恨の極み。深くおわびする。事実に即して厳正に処分する。

出典;時事通信

成田順容疑者の顔画像は?

成田順容疑者の顔画像は今の所は公開されていない様子でした。

警察官という公務員ですので公開されることがないかもしれません。

分かり次第追記していきます。

成田順容疑者のFacebookは?

Facebookアカウントについては、調査をしていきましたが、これといって本人といえるようなアカウント特定することはできませんでした。

なお、同姓同名アカウントは複数見つけることができましたので

検索結果をこちらに載せておきます。

成田順容疑者のFacebookプロフィール

成田順容疑者の勤め先は?

成田順容疑者の勤め先は札幌中央署ということでした。

その場所はこちらになります。

ストリートビューはこちらになります。

角っこが丸くなっていて不思議な建物ですね。

警察署にしては初めて見るような建物です。(自分は)

スポンサーリンク



成田順容疑者が覚醒剤所持発見場所

札幌市東区北6条東の路上で成田順容疑者は捕まったということでした。

その場所はこちらになるようです。

詳しい具他的な場所は不明ですが、大体の場所はこちらですね。

怪しそうな場所ですね笑

成田順容疑者の覚醒剤所持理由は?

成田順容疑者はなぜ、覚醒剤を所持していたのでしょうか?

考えられるのは

1 売却目的

2 脅されて?

3 使用目的

なのではないでしょうか?

3については今の所は使用していたという情報はないのですが、

特に考えられるのは2の可能性があるような気がします。

本当かは分かりませんが

麻薬担当の人で確実な情報を得るために

同業者(麻薬密売者など)を一人取り込み

安全を保障として

情報を得るなど

その様な事があっていたりするという話を聞いたことがあります。

本当かどうかはわかりませんが…

ただ、当然それは個人でやっていることなので

相手から協力しないと関係を暴露する

などと脅され

麻薬密売などを手伝うという

悪行まで行ってしまう

といったところか…

詳しくは分かりませんが。

スポンサーリンク



使用をほのめかす供述も?

覚醒剤を所持していると興味本位からか

本当に中毒性が高いのか?

試したくなったのかもしれません。

しかし、そうなるとそれ以上に覚醒剤との関係を一生続けいていくことになります。

まだ、使用が確定がないですが

そうではないことを願いたいですね…

ネットの反応は?

まあ、警官になる一番の理由が安定しているからと言う時代ですからね。ただの生活の糧を得る手段として警官やっているだけで、常に上司が同じ部屋で監視しているような仕事でなく、分単位で追われるような仕事ではなく、安定した収入が得られれば、警官でなくてもなんでもいいというのが、今の警官の大半だから使命感など微塵もない。

札幌中央署は何年経っても変わらない。

映画にもなった件しかり、署長の他地域の子息[警察官]が事件起こして首になったり。

まだまだ表沙汰になってない事件がたくさんある。

ミイラ取りがミイラになったという感じだが、何故こうも警察官の不祥事が多いのだろう。
勿論善良な警察官も多数いると思うが。

出典;Yahooニュース

まとめ

いかがでしたか?

警察官が麻薬を所持しているということは

なさそうで、実際は氷山の一角なのかもしれません。

ただ、大半はそうでないことが普通でしょう。

このような事は断じて許されませんね。

私たちは今後の警察の対応をしっかりと今後も見る必要がありますね。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする