山手線品川新駅、130位の「高輪ゲートウェイ」命名の理由がこちら。

高輪ゲートウェイ

これは、山手線30番目の駅として、2020年春の暫定開業を目指してJR東日本が田町―品川間に建設中の新駅の名前になります。

12月4日に命名されました。

投票順位は130位であるのになぜ?


スポンサーリンク





高輪ゲートウェイ誕生の理由

高輪ゲートウェイ駅は2020年のオリンピックに向けて開業が進む新駅になります。

山手線と京浜東北線の「田町ー品川間」のほぼ中間地点に設置される

その新駅について、駅名の一般応募を行っていました。

応募による順位

JRによると応募数は約6万4千程度

その順位は

1位:高輪
2位:芝浦
3位:芝浜

であったそうです。

高輪ゲートウェイは何位?

では高輪ゲートウェイは何位なのでしょう?

情報によると130位…

全然人気ではないですね。

投票した意味は???

と思ってしまいます…

スポンサーリンク





なぜ「高輪ゲートウェイ」に決定したの?

では、なぜ高輪ゲートウェイに命名されたのでしょうか?

JR東日本によると

この地域は、古来より街道が通じ江戸の玄関口として賑わいをみせた地であり、明治時代には地域をつなぐ鉄道が開通した由緒あるエリアという歴史的背景を持っています。 新しい街は、世界中から先進的な企業と人材が集う国際交流拠点の形成を目指しており、新駅はこの地域の歴史を受け継ぎ、今後も交流拠点としての機能を担うことになります。新しい駅が、過去と未来、日本と世界、そして多くの人々をつなぐ結節点として、街全体の発展に寄与するよう選定しました。

出典;東洋経済オンライン

まぁ、江戸を感じさせるならばカタカナはどうなの?

とは思いますが…

ではネットの反応は?

スポンサーリンク





ネットの反応


まとめ

いろいろな意見はあると思いますが

決まったものはしょうがないですね…

ただ、募集した意味が今回あったのかどうかは疑問がありますが

いまは新駅完成が待ち遠しいですね!!!

スポンサーリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする