九州工業大学の助教の名前は?暴力発覚から10ヶ月の事件の隠蔽方法がやばい。

九州工業大の30代の助教が、大学院工学研究院の20代の学生の頭を金属製の棒で殴り2針縫う怪我を負わせていたことが分かりました。

3月頃の事件がなぜ、今発覚したのか?

スポンサーリンク



事件の概要

九州工業大(北九州市戸畑区)は5日、同大大学院工学研究院の20代の男子学生の頭を金属製の棒で殴ってけがをさせるなどしたとして、30代の男性助教を懲戒解雇した。

同大によると、助教はこの学生に対し、3月ごろ平手打ち▽5月上旬と中旬に顔面殴打▽6月ごろ右上腕部を金属製の棒(長さ50~60センチ)で殴打▽8月8日に頭頂部を金属製の棒で3回殴打し2針縫う傷を負わせる――5回の暴力行為をした。

出典;毎日新聞

九州工業大学の場所は?

助教の名前は?

助教の名前は今の所は公開はされていませんでした。

九州工業大学のHPはこちらですが

特に教員の情報については不明ですね。

他の情報でも名前は公開されていません。

助教は事件をパワハラによる隠蔽をしようとしていた?

学生が実家に帰省した際に暴行を両親に打ち明け、母親が大学に通報して発覚した。助教は学生の頭に傷を負わせた際、学生に「病院には『上から物が落ちてきてけがをした』と言いなさい」と言い含めていたという。

出典;毎日新聞

自分がした行為が大変恐ろしい事が自覚していたことがうかがえますよね。

つまり自分で分かっていたのにその行為を隠そうとした。

暴力を振るわれた学生からしたら、その圧力に普通は屈します。

いわゆるパワハラも受けていたということです。

学生の恐怖は頂点に達していたことでしょう…

スポンサーリンク



助教は他の学生にも…

助教は他の学生にも体罰を与えていたようです。

他にも学生の前髪をハサミで切るなどの行為もあり、いずれも実験室で2人きりの時に行われた。助教は「実験サンプルを壊されたりしたので手を上げてしまった」などと認めているという。

出典;毎日新聞

女性だけではなく男性も自分のヘアスタイルは気をつけていることだと思います。

それを当然のように専用ではないハサミで髪を切るという行為は信じられませんね…

尾家祐二学長のコメントは?

「被害を受けた学生などに深くお詫びします。教育の現場であるまじき行為と重く受けとめ、再発防止に全力で取り組みたい」

出典;NHKニュース

助教のコメントは?

今回の事件に関して助教のコメントがあります。

助教は学生が実験で失敗したとして腹を立てて暴力をふるったと説明し「大変申し訳ないことをしてしまった」と話しているということです。

出典;NHKニュース

ネットの反応は?

まとめ

暴力に対する大学側の処置は懲戒解雇となりました。

しかし、当然それだけで済む話ではありません。

今後、怪我を負わせた学生を含め真摯に対応していき

双方が納得いく形で和解を行っていかなければいけませんね。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする