食べ過ぎたら老化する?でも意外とよく食べている食べ物

美容にいい食べ物の紹介はよくテレビなどで取り上げられたりしていますが、実は逆に美容によくない(老化を早める)食べ物もあるのです。

いくつ紹介したいと思います。


スポンサーリンク





具体的な食べ物の紹介

次のものが美容によくない食べ物を言われています。

・揚げ物(唐揚げ、フライドポテトなど)

・ファストフード

・炭酸飲料(ジュース)

・マーガリンなどのトランス脂肪を含む製品

・精製された小麦製品

・ハム・ソーセージといった加工肉

・練り製品

・コンビニ弁当・インスタント食品

・食塩のとりすぎ  など

あくまで一例ですが、このようなものが美容によくないと言われています。

食べ過ぎたら老化を促進するため、食べるないは無理だと思いますので、ほどほどにしといた方がいいってことですね。

特に大学生や社会人などは毎日コンビニ弁当の人が多いイメージがあります。

老化する原因は何か?

これは、食べ物に含まれるタンパク質と糖が加熱されてできる悪玉物質といわれるものが肌の劣化を促進するためだそうです。

つまり、悪玉物質を体内にため込みすぎると、肌が老化するということなのでしょう。

普段はあまり気にしていないと思いますが、ふと自分の食生活を振り返ってみたらゾッとしませんか?僕はすこし「やべっ」と思いました笑

この悪玉物質はシミやくすみも出来やすいとのこと・・・悪いことだらけですね。

しかもそれだけではなく、糖の取り過ぎになると糖尿病などの可能性もあるかもしれません。

老化物質を抑える食べ物

では、肌に悪い食べ物は分かりました、これらを防ぐためにはどうすればいいのでしょうか?

これも食べ物で肌の劣化防止が可能なのです。

その代表格が野菜などの食物繊維が多いものや、ネバネバ食品です。

その他には、ポリフェノールが多い果実も効果ありです。

これらの食事も意識して摂取するように心がけましょう。

スポンサーリンク





食べ方も重要??

食べ物が美容にいいものあれば、美容によくないものもあると言うことが分かりました。

しかし、それだけではなく、食べ方も重要になってくるのです。

それはまず、野菜果物から先に食べるといいらしいみたいです。

一番の理由は次のとおりとなります。

血糖値を上げやすいのは糖質を多く含む炭水化物である主食です。炭水化物は消化・吸収後エネルギーの元となるので血糖値の急上昇に繋がります。人は血糖値をコントロールするために「インスリン」というホルモンが分泌されます。しかしインスリンは血糖値を抑えるだけでなく、通常よりも多く分泌されてしまうと脂肪を蓄える働きがあり、太りやすい身体を作ってしまう原因となってしまう場合があります。

今のダイエットでは、この血糖値を急激に上昇させないことが、太りにくい体を作るポイントとなります。食べ順ダイエットでは、血糖値の上昇を緩やかにしてくれる食物繊維を豊富に含む野菜を先に食べることで、血糖値の急激な上昇を抑えることができると言われています。さらに、野菜やたんぱく質を先に食べるおかげで、炭水化物の食べ過ぎを防ぐことにも期待ができますよ。

出典:DietPlus

難しいですが、炭水化物などは血糖値が上がりやすいからまず野菜から食べてねってことです。

糖の吸収をなるべく少なくするには野菜から食べる必要があるってことみたいですね。

また、そうすることで太りにくくもなるなら一石二鳥ですね。

是非実践して欲しいです。

まとめ

どうでしたか?体にいい食事を意識することはあっても体に悪い食べ物はあまり意識しないのではないでしょうか?

食べない!は難しいと思いますが、いつもより量を減らすなどで健康を維持していきたいですね。

スポンサーリンク






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする