「アスナグループ」の代表・石田法広容疑者の顔画像!出資法違反とは?

「アスナグループ」の代表・石田法広容疑者が出資法違反により逮捕されました。

必要な許可や登録を得ないで元本保証と10%の高配当による違反の疑いがもたれているということです。

スポンサーリンク



事件の概要

インドネシア・バリ島での不動産投資などの名目で元本保証と高配当をうたい無許可で金を集めたとして、千葉地検などは投資事業会社の幹部ら7人を逮捕しました。不正に集めた金は14億円を超えるとみられています。

逮捕されたのは、インドネシア・バリ島を拠点に投資事業を展開する「アスナグループ」の代表・石田法広容疑者(56)ら7人です。

関係者によりますと、石田容疑者らは法律上、必要な許可や登録を得ないで元本保証と10%の高配当をうたい、日本人向けに不動産投資や金融商品の販売をもちかけ不正に金を集めた出資法違反の疑いがもたれています。アスナグループでは、全国の170人の出資者からおよそ14億6000万円を集めたとみられていますが、配当金の遅延や解約ができないなどのトラブルが相次いでいました。

出典;JNN

14億6000万円とは大金ですね。

この資金を集めるほどの手腕をお持ちのようですが、出資法違反の疑いがもたれているということで、その方法は決して許されることではないでしょう。

ところで出資法とはなんなのでしょうか?

出資法

出資法とは、出資金を集めることや高金利に関して規制する法律です。
正式名称は「出資の受入れ、預り金及び金利等の取締りに関する法律」といいます。
出資法では、銀行など法律で認められたもの以外が業務として不特定多数から資金集めをすることを禁止しています。元本保証や根拠のない高利回りなどを売りとし、いわゆる甘言によって出資金を募ることを規制しているわけです。また、金融機関の人がその地位を利用して貸し付などを行う「浮き貸し」なども禁止されています。
出資法違反は刑事罰の対象となります。

出典;ライフルホームズ

お金を集めるにしても決まりがあると言うことですね、詐欺防止の1つのためにあるように感じます。

まぁ、今の時代で10%の利回りなどは中々考えられない話なのではないでしょうか?

刑事罰の対象ということで結構重い罪なのかもしれません。

スポンサーリンク



石田法広容疑者の顔画像

出典;JNN

マスクをしているため、若干わかりにくいですね。

56歳ということで、若く見える印象があります。

アスナグループとは?

HPを検索しましたが、アクセスできませんでした。

被害が拡大しないように対処されたのでしょうね。

検索結果はこちらになります。

ネットの声

外国の不動産で元本保証なんて、よっぽど会社に体力ないとできないよね。
災害もあれば暴動もあるわけだし。

途中まで上手く行っていた詐欺だったのに、あまりにも儲かり過ぎて辞められなかったんだろうな。

出典;Yahooニュース

頭の言い方は儲け方を知っていますが、悪い方向に行くのは本当に残念ですよね。

ぜひ、今後はいい方向になって社会貢献されていくことを期待したいですね。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする