中野正人容疑者の顔画像は?娘を顔を殴るなどの虐待内容がやばい。

中野正人容疑者は10代の娘に対して顔を殴るなどをして虐待していた疑いにより逮捕されました。

本人は取り調べに一切応じないとのことです。

詳しい内容を調査していきましょう。

スポンサーリンク



事件の概要

24日、陸上自衛隊滝ヶ原駐屯地に所属する45歳の自衛官の男が、10代の娘の顔を殴ったとして逮捕されました。
逮捕されたのは、陸上自衛隊滝ヶ原駐屯地に所属する2等陸曹の中野正人容疑者で、24日、御殿場市の自宅で10代の娘を机に叩きつけたり、顔を殴ったりした疑いがもたれています。
娘が、近くの交番に駆け込んだことで発覚し、中野容疑者は取り調べに一切、応じていないということです。
警察によりますと、娘の通う学校でも、過去に暴行の相談を受けていたということで、警察は日常的な虐待の疑いもあるとみて調べています。

出典;テレビ静岡NEWS

中野正人容疑者の顔画像は?

中野正人容疑者の顔画像は今の所は公開されていませんでした。

これは公開され次第追記していきます。

中野正人容疑者のFacebookは?

中野正人容疑者のFacebookアカウントの調査をしていきましたがこれといって本人といえるようなアカウント特定することはできませんでした。

なお同姓同名のアカウントはありました。

検索結果はこちらになります。

中野正人容疑者のその他のプロフィールは?

中野正人容疑者のその他のプロフィールはこちらです。

名前:中野正人

年齢:45歳

住まい:御殿場市

勤め先:陸上自衛隊滝ヶ原駐屯地

ストリートビューはこちらになります。

はっきりと写されませんでした。

何かあるのでしょうか?

スポンサーリンク



虐待の動機は?

虐待の動機は何だったのでしょうか?

容疑者は取り調べに応じていませんが

やはりストレスが一番の原因なのではないでしょうか?

厚生労働省でも虐待の理由として次の様なコメントがあります。

子ども虐待は、身体的、精神的、社会的、経済的等の要因が複雑に絡み合って起こると考えられている。虐待発生のリスク要因は明らかにされてきており、危機状況の家族や育児困難を感じている親子を見極めるための目安としては重要である。しかし、それらの要因を多く有しているからといって、必ずしも虐待につながるわけではない。適切に判断するためには、リスク要因とともに、虐待を発生させることを防ぐ防御因子とのバランスを意識してアセスメントすることが重要ある。主な虐待発生の要因は表2-1のとおりである。
特に最近は、少子化や核家族化あるいはコミュニティーの崩壊に経済不況等の世相が加わっての生きづらさの現れとして語られており、特別な家族の問題という認識で取り組むのではなく、どの家庭にも起こりうるものとして捉えられるようになっている。保健・医療・福祉等の関係者は、このような認識に立ち、子どもを持つ全ての親を念頭に入れて、子ども虐待防止の取組を進めていく必要がある。出典;厚生労働省

特に保護者側リスク要因としては

・望まぬ妊娠

・アルコール依存症など

・被虐待経験

・愛着形成の欠如

などがあります。

今回はどれに該当しているかは分かりませんが、ストレス+αの何かが今回の事件までに発展したのかもしれません。

ネットの反応は?

逃げることが出来、助けてと訴えることが出来る子供ってどれくらいいるのだろう?ほとんどいないのでは?逃げることが出来て本当に良かった。自分の親だから難しいし、10代にもなると親が逮捕されれば職を失うかもしれないと家計のことまで考えてしまう子供もいるかもしれない。親を批難するだけでは解決しない。今後どうすればいいのか真剣に考えないといけない。

職業に関わらず、こうした無抵抗な女子供を密室で暴行する男は厳罰に処してほしい。

更に児童虐待の場合は虚勢して二度と犠牲者を増やさないようにするべき。
娘さんは勇気をもって行動した。

適切な保護を望む。

出典;Yahooニュース

まとめ

母の家事や子育ては大変だし、父の仕事と子育ても大変でしょう。

しかし、子どもに罪はありません。

しっかりと愛情を注いであげることが重要だと思います。

このような虐待ニュースはよく耳にしますが

氷山の一角でしょう。

虐待問題が少しずつでも減っていくためにも私たちに何が出来るのかを考えないけないと思います…

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする