陸上自衛隊守山駐屯地の27歳の男の名前や顔画像は?虐待理由が酷すぎる。

陸上自衛隊守山駐屯地に勤める27歳の男性が

長男をプラスチックケースで殴り

怪我をさせたとして逮捕されました。

スポンサーリンク



事件の概要

4歳の長男を殴りケガをさせたとして逮捕されたのは自衛官の男でした。

逮捕された陸上自衛隊守山駐屯地の3等陸曹の男(27)は、4日午前7時半ごろ、名古屋市守山区の自宅で4歳の長男の頭をプラスチックケースで殴って、ケガをさせた疑いが持たれています。

長男は頭に軽いケガをしました。

男は、長男がケガをしたため、自ら119番通報し、消防から連絡を受けた警察が逮捕しました。

調べに対し、男は容疑を認めていて「自分の書類や妻の化粧品を散らかされたことに腹が立った」と供述しています。

陸上自衛隊守山駐屯地は詳細について、確認中のためコメントできないとしてます。

出典;東海テレビ

3等陸曹の男性の名前や顔画像は?

3等陸曹の男という情報はありますが

東海テレビ以外のニュースは今の所は取り上げられておらず

特に名前や顔画像の公表はされていないようです。

今後の虐待の程度によっては公表されるのかもしれませんが

公務員という理由から曖昧になるケースが大ですね。

スポンサーリンク



陸上自衛隊守山駐屯地の場所はどこか?

陸上自衛隊守山駐屯地の場所はこちらになります。

ストリートビューはこちらになります。

男性の自宅は名古屋市守山区のどこ?

名古屋市守山区に住む男性の住所はどこでしょう。

具体的な場所はわかっていません。

スポンサーリンク



虐待理由は?

理由は書類を散らかしたから…

たしかに子どもは分別がないです

それはわかっているはず

それを暴力で戒めるのは愚かな躾方法だと思います。

2018年上半期虐待が過去最高に?

虐待問題は年々問題となってきていますが

実は虐待件数が2018年過去最高になっているという

ニュースも取り上げられています。

2018年上半期に、警察が虐待の疑いで児童相談所に通告した子どもの数が、過去最多となった。

警察庁によると、2018年1月から6月に、虐待の疑いで、警察が児童相談所に通告した18歳未満の子どもは、2017年の同じ時期より6,851人増えて、3万7,113人で、過去最多となった。

虐待内容では、心理的な虐待が2万6,415人と最も多く、このうち、およそ6割が、子どもの目の前で家族に暴力を振るうなどの面前DVだった。

警察庁は、通告が増えた要因として、「児童虐待への意識が高まり、近隣住民からの通報などが積極的になっている」と分析している。

また、命の危険があると判断され、緊急的に保護された子どもは、2,127人で、初めて半年間で2,000人を超えた。

出典;FNN

こどもに罪はありません。

保護者の責任感の欠如等により子どもが被害を受けるのは本当に胸が絞めるつけられる想いです。

このような社会が酷くなっているのは何が原因なのか?

すぐに解明していくべき課題なのではないでしょうか?

まとめ

虐待問題は今後もでてくることでしょう

早期の対応や

対応しやすい環境作り

そして子育てしやすい町作りが急務だと思います。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする